『廃墟・心霊スポット』情報MAP

~住所や情報などを紹介します♪~

埼玉県 『日窒鉱山の社宅群』

スポンサーリンク

住所『埼玉県秩父市中津川420』

f:id:tyuun3naoya:20180513172439j:plain

動画YouTubeにて配信中☆

詳しい情報』はこちら↓

 

管理人コメント 

日窒鉱山日窒鉱山)は、

埼玉県秩父市にある鉱山

 

金・銀・鉄・亜鉛・鉛・

マンガン・珪砂が採掘された。

 

1600年頃に発見。

甲斐武田氏が金・砂金を採掘。

 

1765年、

金採掘のため平賀源内が入山。

 

1910年、

東京の柳瀬商工株式会社が買収。

 

1916年、

鉱山 - 皆野間に架空索道を建設。

 

1937年、

日窒鉱業開発株式会社が買収。

3年後本格操業開始。

 

1950年、

日窒鉱業株式会社

(現在のニッチツ)設立。

 

1960年代、

亜鉛磁鉄鉱など採掘、

最盛期には年50万トンを出鉱する。

 

1969年、

珪砂の採掘を開始。

 

1978年、

金属採掘を中止

 

かつて隆盛を極めた頃の社宅や工場跡が、

今でも廃墟として残っている。

 

これらの廃屋は、

中津峡の斜面沿いに広い範囲に

渡って点在している。

 

中でも廃校となった

小倉沢小中学校跡はよく知られている。

 

鉱山診療所、赤岩文化会館などの

関連施設遺構も残る。

 

(日窒秩父事業場自体は、現在でも

操業している現役の事業場であり、

石灰石、珪砂については操業中である。)

 

画像

f:id:tyuun3naoya:20180513173004j:plain

f:id:tyuun3naoya:20180513173028j:plain

f:id:tyuun3naoya:20180513173050j:plain

 

ブログ&リポート

マイナー物件の為、情報なし。

 

関連動画

今後、配信予定♪

 

「次」の記事

tyuun3naoya.hatenadiary.jp

 

「前」の記事

tyuun3naoya.hatenadiary.jp

 

※最後に、『読者登録』や

『コメント欄』にて記入して

頂けたら嬉しいです^^///♪